So-net無料ブログ作成
検索選択

キューティーハニー実写キャストと原作の登場人物との比較

いよいよ10月1日から西内まりやさん初主演となるキューティーハニー
CUTIE HONEY -TEARS-が公開されますね。

ネット上では、西内まりやさんがハニー役をすることで、
「胸が小さい」や「コスチュームの露出がない」などとの声が
多くあがっています。

確かに予告動画を見ると、まさにガチのハード展開。

これは、もはや従来のキューティーハニーとは、
全くの別物の作品として見る方がいいでしょうね。

しかし、このSFチックなキューティーハニーは、
これはこれであり!と思いますし、楽しみでもあります。


今回の実写映画「CUTIE HONEY -TEARS-」のキャストの役と、
原作キューティーハニーの登場人物の比較をしてみたいと思います。


【漫画の登場人物】

◇如月ハニー/キューティーハニー

如月博士の死んだ愛娘の記憶を残し、心血を注いで造りあげたアンドロイド。

心臓部に「空中元素固定装置」を内蔵し、人間そっくりに造られており、
涙も流し、汗もかき、血も流し痛みも感じる。

ただ、空中元素固定装置のおかげで、傷は短時間で組織を再生し、
回復することができる。

chara_01.gif


◇如月博士

ハニーの父。空中元素固定装置を発明し博士号を持つ科学者。

ハニーの目の前でパンサークローに殺害されてしまう。

その際に、ハニーは自分がアンドロイドであることを知り、
今後の闘いの動機となっていく。

chara_02.gif


◇早見 団兵衛(はやみ だんべえ)

早見家の当主で小さな体ながら武芸百般に精通している。
また、忍術の使い手でもある。

青児・順平の父親で、住むところを失ったハニーを自宅に引き取るなど、
ハニーをアンドロイドと知りながらも人情味ある男。

しかし、ハニーの入浴シーンを覗くなど、スケベオヤジでもある。



◇早見 青児(はやみ せいじ)

早見家の長男で東日新聞の記者。

ハニーの変身シーンを目撃したことをきっかけに、
世界的な秘密結社・パンサークローの存在を知る。

その後、ハニーとともにパンサークローの陰謀を阻止すべく戦う。

chara_05.gif


◇早見 順平(はやみ じゅんぺい)

早見家の次男。スケベな小学生。

ハニーに首ったけになっており、同級生のミヨちゃんに怒られてばかりいる。

父親譲りの戦闘能力とスケベを受け継ぐが、少年としては腕っ節は強い。


◇常似 ミハル

ハニーが通学するミッション系の「聖チャペル学園」の教師で通称ヒスト。

生活指導担当で、闘いのために授業を抜け出すハニーにとって天敵。


◇アルフォンヌ

聖チャペル学園の女性教師で、時々自分のバストを両手で上下させながら喋る癖がある。

可愛い女の子が好きで、ハニーに対して生徒として以上の行為を持っているような…


◇ポチ校長

聖チャペル学園の校長。

小柄で丸顔、目の下に茶色い隈がある。


◇夏子(なつこ)

ハニーの同級生。

物語の後半では、学園がパンサークローの攻撃を受け際に、
ハニーの腕の中で息を引き取るシーンも…

そのことで、よりハニーは戦う意識をもつ。


◇パンサークロー

宝石・貴金属などを強奪し収集する世界的犯罪組織。

幹部・怪人はすべて女性である。


◇パンサーゾラ

パンサークローの首領。


◇パンサージル

パアンサークローの大幹部。ゾラの妹でパンサークローの魔女でもある。

電磁ムチとし高い戦闘能力をもつ。


◇パンサー怪人

特殊能力をもつ精鋭揃いの女怪人たち。


◇戦闘員

シスタージルや怪人の手足となり、犯罪を働く組織の構成員。

正体は人造人間で倒されると溶けて消滅してしまう。



【CUTIE HONEY -TEARS-のキャストと役】

○西内まりや
如月瞳(コードネーム:キューティーハニー)

如月博士により造られたアンドロイド。

都市を管理するAiとして造られ「空中元素固定装置」を悪用しなように
如月博士の娘の記憶を移植したことにより、人間の感情を持つアンドロイドになる。


○岩城滉一
如月博士

ロボット工学における天才科学者。

如月瞳とジルの生みの親。


○三浦貴大
早見 青児

ジャーナリスト。汚染雨によって両親を亡くしている。

幼い時に如月瞳が下層階へと落ちてきた場面に出くわし、
ソドムとの闘いに巻き込まれそうになるが、如月瞳に助けられる。


○石田ニコル
ジル

上層階を支配しているアンドロイド。
如月博士により造られたが、如月瞳とは違い感情を持たない。

空中元素固定装置を手に入れようと、如月瞳と争う。


原作の登場人物と重なる名前は、以上の4名ほどですね。

原作では、高校生のハニーですが、今回の映画では、そんな設定ではありません。

やはりこの映画は、全く新しいキューティーハニーということになります。


タグ:実写 原作
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。